ねぇずっと (ま)っていた
この(ひ)がくること 夢見(ゆめみ)ていた

あなたの(て)の (あたた)かさに
(つつ)まれて
本当(ほんとう)の 気持(きも)
(つた)える(ひ)

太陽(たいよう)よりも (おだ)やかに心照(こころて)らす
月明(つきあ)かりみたい
ささやかで やさしくて
まるで(こい)のようだった
(わたし)はずっと あなただけ
(み)つめていた
あなたは三日月(みかづき)
いつの(ひ)か (こわ)された
心満(こころみ)たされますように

いつまでも このままで
あなたの(はなし)を (き)いていたい

(とき)がすべて (か)えていくと
(し)ってても
(き)えない (なに)
(しん)じたくて

(やみ)彷徨(さまよ)う 旅人(たびびと)(みち)(て)らす
(ひかり)があるなら
まっすぐに (み)つめてる
(だれ)かの(ひとみ)でしょう
(わたし)にとって あなたこそ
(ひかり)だった
(わたし)居待月(いまちづき)
ためらいの 寂(さび)しさを
あなたが(み)つけてくれた

ふいに(なみだ)
(ひとみ)からこぼれてく
(かす)んでく (つき)(ひかり)

xenogears1998 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()