六月(ろくがつ)(うそ) (め)(まえ)本当(ほんとう) セピアにしまいこみ
(よ)(そ)うとか (ぬく)もりとか わからなくなってた

(きみ)はひとりで平気(へいき)だから・・・ね」と (お)しつけて さよなら
その(たぐい)気休(きやす)めなら (き)(あ)きた(はず)なのに

(な)(や)まない 容赦(ようしゃ)ない(おも)(で)たちは 
(ゆる)してくれそうにもない
(め)(と)じれば (いきお)いは(ま)すばかりで 遠巻(とおま)きで (きみ)(わら)

(あめ)は いつか(や)むのでしょうか ずいぶん(なが)(あいだ)
 (つめ)たい
(あめ)は どうして(ぼく)(えら)ぶの (に)(ば)のない (ぼく)(えら)ぶの

やっと(み)つけた (あたら)しい(あさ)は 月日(つきひ)邪魔(じゃま)をする
(む)かう(さき)は 「(つぎ)」じゃなくて 「(すぎ)」ばかり(お)いかけた

(なぐさ)めから きっかけをくれた(きみ)と (うら)めしく (こわ)がりな(ぼく)
そろそろかな 手探(てさぐ)り (つか)れた(ほお)を 葛藤(かっとう)がこぼれ(お)ちる

過去(かこ)(し)りたがらない(ひとみ)
 (あら)(なが)してくれる(ゆび)
(やさ)しい歩幅(ほはば)で (いや)傷跡(きずあと)
 
(とど)きそうで (とど)かない距離(きょり)

(あめ)は いつか(や)むのでしょうか ずいぶん(なが)(あいだ)
 (つめ)たい
(あめ)は どうして(ぼく)(えら)
ぶの (つつ)まれて いいかな

(あめ)は (や)むことを(し)らずに 今日(きょう)(ふ)(つづ)くけれど
そっと (さ)(だ)した(かさ)(なか)で (ぬく)もりに (よ)(そ)いながら

創作者介紹

十七格納庫

xenogears1998 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()